初めてのenchant.js 011イベント(ENTER_FRAME)[JavaScript]

前回は「初めてのenchant.js 010イベント(touchその2)[JavaScript]」bearをドラッグ&ドロップ出来るようにしました。
今回は「Event.ENTER_FRAME」イベントを使ってbearを移動してみます。

完成サンプル


[main.js]

enchant();
window.onload = preloadAssets;

var game;
var scene;
var bear;
var score;


function preloadAssets(){
	game = new Game(320,320);
	game.preload(
		'images/chara0.gif',
		'images/chara1.gif',
		'sounds/jump.wav',
		'sounds/gameover.wav'
	);
	game.onload = init;
	game.start();
}


function init(){
	game.scale = 1;
	game.fps = 30;
	scene = new Scene();
	scene.backgroundColor = "#000";
	game.pushScene(scene);
	
	bear = new Sprite(32,32);
	bear.image = game.assets['images/chara1.gif'];
	bear.x = 100;
	bear.y = 100;
	scene.addChild(bear);
	
	score = new Label("0123456");
	score.color = "#FC9";
	score.font = "normal normal 15px/1.0 monospace";
	score.text = "00990";
	scene.addChild(score);	
	
	main();
}


function main(){
	game.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,enterFrame);
}


function enterFrame(e){
	bear.x++;
}

コード解説

	game.fps = 30;

ゲームのフレームレートを30fpsに設定しています。
30fpsというのは1秒間に30回画面が更新される(フレームが進む)早さです。

game.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,enterFrame);

gameに対してaddEventListener()関数を使って「ENTER_FRAME」イベントを設定しています。
ENTER_FRAMEイベントはゲームの画面が更新(フレームが進む)されるたび、つまり今回は1秒間に30回発生します。

	bear.x++;

bearのx座標を追加していき移動させています。

次回は「初めてのenchant.js 012イベント(キーボード)[JavaScript]」です。

初めてのenchant.js 一覧

こちらもオススメ(別サイト)

enchant.js 怒涛の 100 tips
phiさんの怒涛のTips集:なんとなくenchant.js分かってきたーって人はここのTipsを修行僧の用にストイックにこなせばennchant.jsある程度できます。と言えるようになるはず。

ドットインストール:enchant.jsの基礎
こちらは、逆にうーん説明見てもよくわからんなぁーって人向け、登録は必要だけど、ビデオをみながら説明が入るのでチョー分かりやすい&enchant.js以外にも様々なレッスンビデオがやばいくらいいっぱい。しかも無料ときたもんだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *