カテゴリー: CS6

Webサイト表示を早くする方法をおさらい

高速化のおさらいまとめです。

JavaScript

圧縮する、リクエスト減らす(ファイルまとめる?)、JSのロード待たせないため</body>直前に<script>タグを書く

CSS

リクエスト減らす(ファイルまとめる?)
セレクタは右から左を心得る。
#nav li は、シンプルそうだが実は、
liを全て検索、その中から#navの子孫であるものを探す。
と大きくコストがかかる。→どうする???
.navとしたほうがレンダリングは早いかもしれない、
しかし人間が管理していく以上は、
#nav liとしたほうが良さそう、さてどれくらいのコストの違いがあるのだろうか。。。。。。

メモ(ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール より)

ルール1 : HTTPリクエストを減らす
ルール2 : CDNを使う
ルール3 : Expiresヘッダを設定する
ルール4 : コンポーネントをgzipする
ルール5 : スタイルシートは先頭に置く
ルール6 : スクリプトは最後に置く
ルール7 : CSS expressionの使用を控える
ルール8 : JavaScriptとCSSは外部ファイル化する
ルール9 : DNSルックアップを減らす
ルール10 : JavaScriptを縮小化する
ルール11 : リダイレクトを避ける
ルール12 : スクリプトを重複させない
ルール13 : ETagの設定を変更する
ルール14 : Ajaxをキャッシュ可能にする

FlashCS6のHTML5書出しと、EdgeでつくったHTML5を比べてみた。[HTML5,FlashCS6,Edge]


ちょっと気になって、FlashCS6のHTML書出しとEdgeのHTML書出しを比べてみました。

続きを読む

FlashCS6新機能、AIR3にAIRランタイムを入れたら容量はどうなるか試してみた。[FlashCS6,AIR,App]]

FlashCS6で、Androidアプリを配布する際に、アプリ内にAIRランタイムを含めるようになりました。
そこで、気になるところのアプリ容量について比較してみました。

続きを読む

FlashCS6でHTMLを書きだしてみました。[Flash,CS6,CreateJS,HTML5]


Flash CS6の新機能であるHTMLの書出しを試してみました。
SWFとCreateJS書出しデモ

続きを読む

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén