ipv6」タグアーカイブ

お名前.comとさくらVPSでIPV6を有効にしてみた。

お名前.comとさくらVPSでIPV6を有効にしてみた。

まずはお名前.comのDNSレコード設定でipv6のレコードを追加。

メニューのDNS関連機能の設定をえらぶ。

変更したいドメインを選んで次へ。

DNSレコード設定の箇所の[変更する]ボタンを押す。

追加の箇所で、TYPEで、AAAA(ipv6)を選んで、VALUEにipv6のアドレスを入力して追加ボタンをおす。

その後は、確認画面へ進んで確認ごに設定して完了。
ここからは少し反映まち。

% nslookup
> set type=AAAA
> yama-lab.com
Server:     8.8.8.8
Address:    8.8.8.8#53

Non-authoritative answer:
yama-lab.com    has AAAA address 2001:e42:102:1801:160:16:199:118

Authoritative answers can be found from:
> 

反映されていることを確認。

続いてさくらVPSのipv6を有効化する。

サポートページに手順がのっているのでそのまま勧める。

IPv6有効化手順(CentOS7)
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000065981-IPv6%E6%9C%89%E5%8A%B9%E5%8C%96%E6%89%8B%E9%A0%86-CentOS7-

設定が終わったので確認

% ping6 yama-lab.com
PING6(56=40+8+8 bytes) 2409:252:90a0:1800:79e4:8629:868c:20a6 --> 2001:e42:102:1801:160:16:199:118
16 bytes from 2001:e42:102:1801:160:16:199:118, icmp_seq=0 hlim=53 time=35.822 ms
16 bytes from 2001:e42:102:1801:160:16:199:118, icmp_seq=1 hlim=53 time=32.799 ms
16 bytes from 2001:e42:102:1801:160:16:199:118, icmp_seq=2 hlim=53 time=32.887 ms

ブラウザのコンソールでも確認


無事もんだいなく。
感覚値では早くなった感じはないけど気分的にははやい感じに

So-net光コラボが遅すぎて、乗り換えようとしたけど、DS-Liteにしたら混雑時でも100Mbps以上と早くなった。【So-net光コラボ】【高速化】

月曜日のPM9:00頃

So-net光コラボが混雑時に0.5Mbsp程度まで速度が低下していましたが。混雑時でも50Mbps〜100Mbpsくらいまで速度が出るようになりました。高速化の手順は以下のとおりです。
※以下の方法は、私の場合はうまく高速できましたが、高速化されることを保証はできませんので、十分にご検討のうえ自己判断にて行ってください。
※また、ルーターの設定などの基本的な事項を自身にて行えない場合は、あまり推奨できません。

So-net光コラボサポートへ問い合わせ(IPoE接続を依頼)

メールにて速度が遅く、ipv6で接続できるIPoE接続を使いたいと問い合わせます。  

  1. So-netのサポートへログイン
  2. 以下のURLへアクセス(このページまで行くのも結構たいへんなのよね。。)
    So-net 会員サポート メールでのお問い合わせ(http://faq.so-net.ne.jp/app/ask)
  3. 以下例のようにIPoE接続を希望している旨を伝える

問い合わせ例

■タイトル :
混雑時に速度が低下して困っています。
■本文 :
いつも夕方〜夜にかけて混雑し速度が低下して困っています。IPoE接続という仕組みを使い、混雑しているネットワークを回避する方法で、速度向上を試みたいのですが、NTTのフレッツ・v6オプションを代理で手続きして頂くことは可能でしょうか。
大変お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。

参考サイト
インターネット(IPv6 IPoE)とは

So-netのサポートよりのIPoE接続可能の返信をまって自宅のルーターをDS-Liteに対応したルーターに変更する。

So-netからの返信がきてIPoE接続が可能になったら、ルーターをDS-Liteに対応してルーターへと変更します。わたしはい、以下のルーター(BUFFALO WXR–1900DHP2)を購入しました。

DS-Lite(iPv6トンネルゲートウェイ)とは?

DS-Liteとは、ipv6の回線を利用してipv4通信を行う仕組みです。昨今のインターネットの混雑時の状況で混み合っているipv4通信で通る経路をipv6通信はスルー(通らずに)インターネットに接続します。(なので高速な接続ができる状態です。)
つまり、So-netへ最初に依頼したNTTのフレッツ・v6オプション(IPoE接続)は、ipv6を使えるようにする、手続きで、それが完了したらそのipv6の経路を使って、ipv4通信を行うことで高速化します。

title

title

ルータ(BUFFALO WXR–1900DHP2)の設定。

私の買ったルータのBUFFALO WXR–1900DHP2ですが、IPoE接続を自動で見つけて接続し、自動でDS-Lite(iPv6トンネルゲートウェイ)へと接続されました。(つまり設定不要でした。)
※あくまで、2017.08.16現在に、NTT西日本のSo-net光コラボ(沖縄県にて利用)でBUFFALO WXR–1900DHP2を利用した場合です。

電源と、LANケーブルなどを繋いだら、あとはルーターのWifiパスワードを入力して接続するだけで完了。

最新のBUFFALO WXR–1900DHP3ではなく、BUFFALO WXR–1900DHP2を選んだのは特に意味はなく、少し安かったからです。最新のバージョンのBUFFALO WXR–1900DHP3でも問題無いと思います。また一つ前の、BUFFALO WXR–1900DHP1でも可能らしいのですが、場合によってはファームウェアーのアップデートなどが必要なためBUFFALO WXR–1900DHP2または、3のほうが楽に設定できると思います。

BUFFALO WXR–1900DHP2

BUFFALO WXR–1900DHP3

So-net光コラボがとても遅くなったけど、IPoE・DS-Lite対応で快適な速度になるか試している途中の話

※速度速くなりました。
So-net光コラボが遅すぎて、乗り換えようとしたけど、DS-Liteにしたら混雑時でも100Mbps以上と早くなった。【So-net光コラボ】【高速化】


以前は「auひかりちゅら」を利用していたのですが、スマートバリューの割引が少なくなってきたので、MVNOのmineo + Sonet光コラボを利用しておりました。
auひかりちゅらは初期でほとんど混み合ってなかったのか、かなり快適につかえてましたが、光コラボに変えて1–2ヶ月利用していると夜間の混み合う時間帯で2Mbps程度までおくなりました、そのまままぁどうにか大丈夫かとそのまま利用をつづけて最近また遅い気がしてしらべてみると0.5Mbps程度まで速度が遅くなってきていました。

サポートへ連絡

サポートへ問い合わせても混み合う時間帯は遅くなる、速度は保証してないのでどうにもできないとのこと。
うーん、これはひどいのでどうにかといろいろごねていると。

  • 希望すればIPoE接続でipv6高速化できる

とのこと。早速申し込んでみる。 (SonetからNTTへ v6オプション IPoE接続を申込んでくれる)
申込みが済んだら連絡が来たのでipv6でのYoutubeなどの視聴は改善できたように見える。

参考リンク
フレッツ・v6オプション
NTT東西のIPv6サービスが2方式あるわけ
ipv6test : Top
ipv6test : Speed

おおむねipv6では満足できそうだけど。ipv4をどうするかはみかいけつ、
世の中まだまだv4なので、いろいろ調べたりアドバイスを頂いたりしらべると、DS-LiteというIPoE接続のipv6の回線を通ってボトルネックの部分を飛び越えてipv4接続できる方法があるみたい。
またIIJmioひかりでは正式にオプションであるみたい。

参考リンク
IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)
IIJmioひかり IPoEオプション

DS-Liteについていろいろ(So-netでつかえるのかな?)

いろいろ調べるとIPoE接続でipv6できればどうにかなりそうだ。とりあえず家のルータがDS-Liteに対応できていないので、ルータを手配、続きは結果が出次第に追記予定です。

参考リンク
SO-NET + NTT光 通信速度改善方法
So-netへIPv6のIPoE方式への切り替えを申し込みました。

参考So-net光コラボサポートとか

今回の速度低下の兼でSonetに色々問い合わせて話をしたところ、契約当初のWebの広告表示などを示したりして交渉したところ。以下のようのな条件を頂くことができました。

  • 価格コムのキャッシュバックなどは違約金はどうしても発生
  • プロバイダの長期契約違約金 → 減免
  • NTT工事費用の残金 → 減免

まぁそもそも、早い、高速とか宣伝しててあの速度はないので、本来根本的な解決に向かうべきとか、5–6時間の低速度な時間があるのでその分割引するべきと思う。いろいろ調べているとNTT側へ依頼してもなかなか改善されないとかもあるみたいだけど光コラボはNTTとは関係なくプロバイダとの契約なのでプロバイダをつついてNTT側に早く対応してもらいたいものです。