sitemap」タグアーカイブ

robot.txt とかカノニカルタグとか、sitemap.xml とか

robot.txt とかカノニカルタグとか、sitemap.xml とか

いつも入れる必要?いれない不要?入れたほうがSEO的に(迷信だよ)?いや、もしものために念のために、
ってなるので再度調べてまとめておくことに。

robot.txt

登録したくないコンテンツが含まれる場合のみ必要で、基本必要ない。
ただし、以下の参考サイトにあるとおり、

サイトに robots.txt ファイルが存在するがアクセスできない(言い換えれば、HTTP ステータス コード 200 または 404 が返されない)場合は、クロールすべきでない URL をクロールすることにならないよう、クロールを延期します。

つまりサーバーで何かしらの不具合などで robots.txtが404,200も返さない状態になったらクロールしないよ。とのこと、常にSeachConsoleなどでサイトを管理している場合は問題ないがそれ以外の放置している系のサイトは入れていたほうが無難っぽいです。あと最近のWordPressの場合は以下のようなrobots.txtを仮想で生成してくれます。(※注意パーマリングの設定が?p=123とか、サーバーのリライト設定が有効でないと生成されない)
(WordPress自動生成のrobots.txt 管理画面を除外してくれている

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php

参考サイト : Google Search Console ヘルプ

カノニカルタグ(canonical)

  • 複数あるURLを正規化、www有、無などあるので基本入れたほうが良いっぽい、
  • ただ静的(Static)なコンテンツの場合はメンテナンス性も落ちたりURL変更時の編集コストなどが高そう。なにか変更の際のうっかり変更もれは注意。
  • スマホがページ別等の場合は必須かな。
    GogoleのSearch Console ヘルプでの説明は以下。このページ自体もちゃんと入ってますね。

参考 : Search Console ヘルプ

動的サイトなどの場合はヘッダーは共通のはずなので入れて置くほうがよいかも

環境変数などで簡単に設定できるはずなので、入れておけば無難かな。

静的サイトは入れなくてもよいのかも

基本SEOアクセスを気にするようであればAnalyticsで気づくはず、気付かないれべるの気合なら入れないほうが皆幸せかも。

サーバー側で、

www 有り無しの統一などはしてあげてあげると良いかも。

sitemap.xml

こちらは基本的には、サイトマップが必要かどうかを検討する必要もありそうです。
他のページからリンクされているページは基本クロールされそうだけどそもそもリンクが無いページをインデックスさせるケースとか設計的にかなり特殊そうな気もする。
あとは初期公開のサイトや、リニューアルでURLが変更になったりなどのばあいは、クロール漏れなどは怖いので念のために入れておきたい気もする。(合わせてページ変更の302リダイレクトなども)

以下のGoogleのヘルプページの、‘サイトマップが必要かどうか’ 部分が参考になります。

参考 : サイトマップについて Search Console

ページが多いサイトでのメンテナンスも大変なので、基本はなしで、必要な際に設置、ボリュームが莫大なら自動生成プログラムや、WordPressだとプラグインで自動生成が楽そう。

Search Consoleの登録

検索キーワードがAnalyticsでほとんど見れなくなっているので、こちらでアクセスに繋がったキーワードの表示順位や実際のアクセスになったかなど非常に有益な情報をみれたり、クロールのエラーなども検知できるので必須といえます。
(そういえば昔、Bing – Web マスターツールって登録したけど全然みなくなったな、なにか有益な活用方法など教えて欲しい)
あと、AMPのエラー検知なども便利。