バーコードについてJANの基本とPHPのライブラリを調べてみたのでメモ。

バーコードには1次元バーコード(お菓子とかパン缶詰とかについている俗に言うバーコードハゲ的な者)
2次元バーコードとは、QRコード等、横方向だけでなく縦にも情報を持つもの総称

今回は、業務上1次元バーコードについて調べた。

代表的な種類

JAN(EAN、UPC) CODE39 CODE128 NW–7 ITF   
文字 数字0–9 数字と、アルファベット/記号は一部 数字/アルファベット/記号(フルASC) 数字と、アルファベット/記号は一部 数字0–9
桁数 13 or 8 可変 可変 可変 14 or 16

今回使うJANの種類3種類

標準タイプ13桁 標準タイプ13桁 短縮タイプ8桁
詳細 2001年1月以後の登録 2000年12月以前の登録 小さい物用

今後使う2001年1月以降のタイプついてのみ詳細

説明 GS1事業者コード(9桁) 商品アイテムコード(3桁) チェックデジット(1桁)
コード例 458240192 927 3
設定者 流通システム開発センターが付与 事業者にて設定 計算式で算出

PHPにて画像生成するのでライブラリなど調査

githubでスターの一番多かった上のもので大丈夫かな。ライセンスあGNU

名称 url ライセンス、料金など
PHP Barcode Generator https://github.com/picqer/php-barcode-generator GNU Lesser General Public License v3.0
php-barcode https://github.com/rlt3/php-barcode/ MIT License
Barcode.php http://www.pao.ac/barcode.php/ 21,600
Image_Barcode2 https://pear.php.net/package/Image_Barcode2/download PHP License
PHP-Barcode https://ashberg.de/php-barcode/download/ GNU General Public License

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です