CPIの共用サーバーでのLaravel5.5設定(サブディレクトリに設置)のメモ

CPIの共用サーバーでのLaravel5.5設定(サブディレクトリに設置)のメモ

SSHログイン

基本使える、公開鍵認証OK、基本的なコマンド利用可能

一覧 http://acesr.document.secure.ne.jp/tools/sshkeys/

  • ※rsyncでデプロイしたかったが利用不可。> FTPの同期などで代用
  • composer使いたかったけど利用不可。 > FTPでアップ

ドキュメントルートの問題

シンボリックリンクでOKドキュメントルートは基本以下

/usr/home/ユーザー名/html

URLはサブディレクトリにする必要があった。(本当はサブドメインが良かったが、SSLが高い事が原因で致し方なく)以下がルートのようにしたい。

https://hogehoge.com/myapp/

アプリはいかに設置

/usr/home/ユーザー名/myapp/

以下のディレクトリからpublicにシンボリックリンクをはる

/usr/home/ユーザー名/html/myapp  -> ../myapp/public/

DELETEメソッドが通らない

axios.delete(ほげほげ〜とすると通らない。フォーム同様に POSTで投げて、_methodパラメータで渡す。

axios.post('/myapp/pathtourl/999,{ _method:'DELETE' }).then(res => {
    //何か処理
})

PHPのバージョン

publicフォルダにphp.iniファイルを置いて php7.1を利用
(詳しくはHelpを)

AddHandler x-httpd-php71 .php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です