Gitの基本コマンドおさらい編

メモGitの使い方をおさらいする。

//プロジェクトのディレクトリ作成
mkdir project_name

//移動
cd project_name

//初期化
git init

//リモートの追加(設定)
git remote add origin https://takamori@bitbucket.org/takamori/javascript_commons.git

//ステージやワーキングコピーの状態を確認
git status
//変更をステージに上げる
git add index.html css/ js/

//変更を全てステージに上げる
git add -u

//変更を部分指定してステージに上げる(対話コマンド)
git add -p

//ファイルの変更点をdiff表示 (ワーキングコピーとステージ)
git diff [ファイル名]

//ファイルの変更点をdiff表示(ステージと前回コミット)
git diff --cached

//ステージのファイルを取り消す。
git reset HEAD index.html

//フォルダをステージから下げる
git rm -r --cached js

//ローカルリポジトリにコミットする
git commit -m "commit_message"

//ファイルをコミット時点までもどる
git checkout -- readme.txt

//全て前回コミット時点迄戻る
git reset --hard HEAD

//ブランチを作成
git checkout -b yamashiro_work

//ブランチ一覧を確認 (ローカル、リモート)
git branch
git branch -r

//ブランチを切り替える
git checkout master

//ブランチを削除
git -d branchname

//ブランチ名を変更
git -m newname (現在のブランチ)
git -m oldname newname (ブランチ名で指定)

//リモートへの変更適用
git push origin yamashiro_work(←ブランチ名)

//直前のコミットに変更を追加
//1:あっ!!間違えてコミット .. orz..
//2:落ちついて、、修正を変更を修正する。
//3:以下のこまんどで修正を前回コミットに追加。
git commit --amend

参考サイト:
http://www8.atwiki.jp/git_jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です