Lalavelで、Faker Seederを使ってダミーデータを作成

Lalavelで、Faker Seederを使ってダミーデータを作成

まずはartisanのコマンドでクラスを作成

$ php artisan make:sheeder MySeeder

database/seeder/MySeeder.phpが作成されますので、
run()メソッドにダミーデータを作成するスクリプトを記載します。

<?php

use IlluminateDatabaseSeeder;
use FakerFactory as Faker;
use CarbonCarbon;

class MySeeder extends Seeder
{
    /**
     * Run the database seeds.
     *
     * @return void
     */
   public function run()
    {
        $faker = Faker::create('ja_JP');
        for ($i = 0; $i < 100; $i++) {
            $params = [
                'email' => $faker->email,
                'name' => $faker->name,
                'created_at' => Carbon::today(),
                'updated_at' => Carbon::today()
            ];
        }
    }
}

実行は以下

//すべてのスクリプトを実行
$ php artisan db:seed --class=UserTableSeeder
//指定したスクリプトを実行
$ php artisan db:seed --class=MySeeder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です