MacBookPro15インチが落下・修理ふぅ。

MacBookPro15インチ@カバンの中を駐車場のコンクリートに落としてしました。
ユニボディのアルミニウムが見事に変型しましたが、どうにか補正できあました。
上は歪み具合、ちょうど左側奥の電源辺りの角をおもいっきりぶつけてしまいました。

修理道開始

とりあえず今回は、ウォーターポンププライやーと、精密ドライバーで行うことに、歪んでいる部分を挟みこんで補正をと睨んでのことです。

まず、精密ドライバーで開腹して確認。
とくに内部まで破損が及んでは無い模様(見た目、細かなはんだ浮きとかになるとお手上げ。) 

 

 

よしゃやってみるかと、傷つけないようにプライヤーを紙テープで養生しておきました。

 

いざ、挟みこんでぐいっと、慎重かつ大胆にっ!

 

どうにかこんな感じ(少しは浮いている感じ)まで補正できいました。(ふぅ。。)

 

 

これは角の写真ですが、ボティーとボードとの間にわずかに隙間があって、ちょうど、ボディの角が、自動車のバンパーのように潰れてくれることで、本体に大きな影響が内容にしてくれたのかな。

傷は少し残りましたが、これから落とさない為の良い教訓としたいとおもいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です