UTF-16サイトを作ってみるためにブラウザのテスト[utf16,browser]


UTF16のサイトをつくるときメモです。いつも文字コードとブラウザの話になってきた場合に情報が少なく探せないのでストックしておこう。
Web制作のための文字コード虎の穴合宿とか誰か開催してほしいなぁー。

以下いろいろ表示テストの結果。
※http headerの送信とかは試していないです。
あくまで文字コードとタグでの指定のみ。

◯は表示可能
△は文字エンコードを手動設定で表示可能
×は表示付加

Mac-------------------------------
Chrome > BE→◯ LE→△
Safari > BE→△ LE→×
Firefox > BE→△ LE→△

Windows7--------------------------
IE9 > BE→◯ LE→◯
Chrome > BE→◯ LE→△
IETester8 > BE→◯ LE→×
IETester7 > BE→◯ LE→×
FireFox > BE→△ LE→△ 

WindowsXP--------------------------
IE6 > BE→◯ LE→△
Chrome > BE→◯ LE→×
Firefox > BE→△ LE→△

といった感じでした。
FireFoxさんがちょっと手作業必要(http headerでいけるかなぁ。。)

続いてAjaxなUTF16について。
すべてBEにてテスト

Mac-------------------------------
Chrome→◯
Safari→◯
Firefox→×

Windows7--------------------------
IE9→◯
Chrome→◯
IETester8→◯
IETester7→◯
FireFox→×

WindowsXP--------------------------
IE6→◯
Chrome→◯
Firefox→×

とまあFireFoxが全てだめだ。
細かいところは調べきれてません。。

ひと通り調べてみて、まずLEよりはBEの法が良い。
アプリとして使う前提で、環境はある程度限定すればOK、パブリックな公開が必要なコンテンツは注意が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です