初めてのenchant.js 009イベント(touchその1)[JavaScript]

前回は「初めてのenchant.js 008イベント(基本編)[JavaScript]」とイベントの基本でした。
今回は実際にオブジェクトにイベントを設定していってみます。

完成サンプル

HTMLの方は特に変更なしで、main.jsをいじっていきます。(下の画像はイベントの情報をコンソールへ出力したところ)

[main.js]

enchant();
window.onload = preloadAssets;

var game;
var scene;
var bear;
var score;


function preloadAssets(){
	game = new Game(320,320);
	game.preload(
		'images/chara0.gif',
		'images/chara1.gif',
		'sounds/jump.wav',
		'sounds/gameover.wav'
	);
	game.onload = init;
	game.start();
}


function init(){
	game.scale = 1;
	scene = new Scene();
	scene.backgroundColor = "#000";
	game.pushScene(scene);
	
	bear = new Sprite(32,32);
	bear.image = game.assets['images/chara1.gif'];
	bear.x = 100;
	bear.y = 100;
	scene.addChild(bear);
	
	score = new Label("0123456");
	score.color = "#FC9";
	score.font = "normal normal 15px/1.0 monospace";
	score.text = "00990";
	scene.addChild(score);	
	
	main();
}


function main(){
	bear.addEventListener(Event.TOUCH_START,touchStart);	
}


function touchStart(e){
	alert("touchStart");
	console.log("type:" + e.type);
	console.log("target:" + e.target);
	console.log("x:" + e.x);
	console.log("y:" + e.y);
	console.log("localX:" + e.localX);
	console.log("localY:" + e.localY);	
}

コード解説

function main(){
	bear.addEventListener(Event.TOUCH_START,touchStart);	
}

bear(Spriteオブジェクト)に対してaddEventListener()関数を使ってイベントを設定しています。

第1引数は、イベントの種類を渡しています。
ここでは、Eventオブジェクトで定義されている定数「TOUCH_START」を使っています。
(その他の種類は公式ドキュメントにいろいろ載っています。)

第2引数は、イベントが発生した場合に呼び出す関数を指定します。

function touchStart(e){
	alert("touchStart");
	console.log("type:" + e.type);
	console.log("target:" + e.target);
	console.log("x:" + e.x);
	console.log("y:" + e.y);
	console.log("localX:" + e.localX);
	console.log("localY:" + e.localY);	
}

イベントから呼び出される関数は、イベントの発生情報を含んだ変数を
受け取る事ができます。(ここでは変数「e」がそうで、任意の変数名がつけられます。)

ここでは変数「e」から取得できる、情報をコンソールに出力しています。
 type:イベントのタイプ
 target:イベントが発生したオブジェクト(今回はbear)
 x:イベント発生位置のx座標(左上基準)
 y:イベント発生位置のy座標(左上基準)
 localX:イベント発生位置のx座標(bearの左上基準)
 localY:イベント発生位置のy座標(bearの左上基準)

※コンソール
JavaScriptのデバッグに使われるコマンドラインツールで、GoogleChromeの場合は、ウィンドウ上で「⌥⌘J(Command-Option-J)」キーを押すと表示されます。

詳細はGoogleChromeのデベロッパーツールのページをご参照下さい。

またFireFoxでは、Firebugというアドオンをインストールすることで、
コンソール機能を使うことができます。

次回は「初めてのenchant.js 010イベント(touchその2)[JavaScript]」です。

初めてのenchant.js 一覧

こちらもオススメ(別サイト)

enchant.js 怒涛の 100 tips
phiさんの怒涛のTips集:なんとなくenchant.js分かってきたーって人はここのTipsを修行僧の用にストイックにこなせばennchant.jsある程度できます。と言えるようになるはず。

ドットインストール:enchant.jsの基礎
こちらは、逆にうーん説明見てもよくわからんなぁーって人向け、登録は必要だけど、ビデオをみながら説明が入るのでチョー分かりやすい&enchant.js以外にも様々なレッスンビデオがやばいくらいいっぱい。しかも無料ときたもんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です